会員限定情報のパスワードは支部報に掲載されています。

守る会とは

会の概要
一般社団法人全国心臓病の子どもを守る会は、心臓病児の親・家族・心臓病者本人、そしてこれに準ずる人なら誰でも入会することができます。
会の運営は、会員ひとりひとりの問題を全体の問題として話し合い、助け合って、解決していきます。
そして皆で役割分担をし、協力しあいながら実行していくという方法で進められています。
心臓病の子どもたちに集団の場を提供することも守る会の大切な役割です。
また会の運営費も会員からの会費を中心にまかなっています。
守る会千葉県支部は1965年に12家族により発足しました。
今では約150家族の会員さんがいらっしゃいます。
千葉・船橋・松戸を活動拠点に会員さん対象の交流会、医療相談会など様々な行事を企画しています。


一般社団法人全国心臓病の子どもを守る会の活動内容
・機関紙「心臓をまもる」の発行(リンクが開きます)
本部が毎月発行する全国版の機関紙です。内容は全国の病児と家族の経験談、福祉に関する情報、専門医の寄稿などです。
支部報の発行(リンクが開きます) 
千葉県支部の行事の案内、その他千葉独自の情報を毎月、機関紙に同封する支部報にてお知らせしています。
書籍の発行
「しんぞう手帳」、心臓病についての書籍、福祉に関する書籍を発行しています。詳しくは出版物紹介(リンクが開きます)をご覧下さい。
・国や自治体へのはたらきかけ
本部では毎年、厚生労働省、文部科学省に病児と家族の課題を訴え、行政の対応を要請しています。
千葉県に対しても慢性疾病児童等地域支援協議会やその他の機会に病児と家族の課題を訴え、行政の対応を要請しています。
・交流会
千葉市・松戸市で年に2回、交流会を実施しています。
・ハロウィン
船橋市で病児と家族のためのハロウィンを企画しています。
・クリスマス会
松戸市でクリスマス会を開催しています。
・医療等講演会
年に2回、船橋市と松戸市で医療、教育などの講演会を開催しています。
・春の守る会キャンプ
3月に1泊のキャンプを開催しています。キャンプには医師・看護師が同行しています。

会費納入について
会費は1ヶ月600円、年間7,200円です。
会費は1年分を一括して前払いでお振込していただきます。
年会費の7,200円のうち、本部に5,040円(420円×12ヶ月分)
支部活動に2,160円(180円×12ヶ月分)
※本部には、支部から支部会員さんの分をまとめてお支払いしております。
○年会費と金額が違う場合は、「いつからいつまで」の会費なのかを必ずご記入ください。
○領収証につきましては、お振込の控えが領収書の代わりなります。大切に保管して下さい。